ばいあぐら 病院

ばいあぐらに救われた男としての尊厳

ばいあぐらといえば、世界初となるED治療薬として、日本でも大変な注目を集めました。

 

 

その注目度の高さは、EDで悩む人の多さの表れです。

 

 

性欲がこんなにもあるのに、ペニスが十分な勃起をしない、性行為中に萎えてしまう等、自分の身でこうした症状を実際に体験した方であるならば、そのショッキングな出来事の大きさは、きっと理解していただけるでしょう。

 

 

それだけ男としての尊厳に関る部分であるため、まだまだ現役と自負できる年代であるならばと、このばいあぐらにすがる思いで利用したはずです。

 

 

そんなばいあぐらですが、私も過去に利用した経験が、一時期あります。

 

 

今は克服したのですが、体力的に疲弊していた時期に何度か性行為に失敗した為、心因的な原因も加わって、しばらく勃の悪さや、勃起したとしてもいつ萎えてしまうのかを心配しながら性行為を行っていました。

 

 

そんな不安は相手にも伝わるもので、徐々にその回数が減っていってしまったのでした。

 

 

これを解消しようと利用し始めたのですが、その効果はてきめんでした。

 

 

性行為の約1時間前を目処にこれを服用し臨むと、性的興奮と共に敏感に反応するのです。

 

 

もちろん平常心でいる時は、たとえ効果が見込める時間内だっても勃起する事はありませんから、心に連動した効果を生み出すものとなっています。

 

 

服用の約束事を守ること、副作用について把握しておく事さえすれば、とても役立つものでしたし、これを使い続けるうちに、性行為に対する不安が無くなり、いつの間にか、これに頼らずとも勃起する体を取り戻すこともできました。