ばいあぐら 入手

ペニスの精妙な仕組みに着目したばいあぐら

医薬品の働きを詳しく知らなくても、服用すればその効果は実感出来ます。

 

 

しかし、医薬品が体内でどんな働きを行っているのかを知る事で、より医薬品の凄さや人体の神秘を感じる事が出来ます。

 

 

例えば、ED治療の世界に革命を起こした世界初の経口ED治療薬であるばいあぐらは、非常に緻密な仕組みでペニスの勃起をサポートしています。

 

 

この治療薬はPDE5阻害薬とも呼ばれており、陰茎海綿体に存在するPDE5という酵素の働きを阻害する働きを持っています。

 

 

PDE5は、cGMPという神経伝達物質を破壊して勃起を鎮める働きを持つ酵素です。

 

 

cGMPは陰茎海綿体を弛緩させてペニスに血液が流れ込む様にする物質で、健康な状態だとこのcGMPとそれを破壊するPDE5のバランスが保たれている為に、勃起が程よく持続する様になっています。

 

 

しかし、cGMPは年齢と共に勃起時の血中濃度が下がってしまいます。

 

 

実はこれが加齢によるEDの原因なのです。

 

 

ばいあぐらの主成分シルデナフィルは、PDE5の働きを抑えてcGMPを活躍させてくれます。

 

 

これにより、勃起が起こりやすくなるのです。

 

 

もちろん、こうした薬理を知らなくてもばいあぐらの効果を得る事は出来ます。

 

 

しかし、その仕組みに目を向ける事で人体の神秘に触れる事が出来ますし、医薬品のありがたみをより実感出来る事でしょう。